カメ公園と桜。

 

 

はるがきた

 

「それぞれに意味のある思い出のかけらたち」 角がとれ まるくなり 小さくなって 輝きは消えるが その痛みは薄らぎ いつしかやさしい 光だけを放つ

 

街の風景が万華鏡のように見える。

 

太陽の光を直接当てると、キラキラと乱反射して虹色の光が部屋中に広がるという素敵なクリスタルサンキャッチャー。買ってから、うちには直射日光が当たらないことに気付く。しかたないので青空に透かしてみたら、充分きれいでした。

 

ムーミンファミリーのビスケット。60分の1の確率で入っているという、ムーミンのご先祖様(上段の右端)も、入っていました。

 

また、僕は、予告なく削除される場合(可能性)があります。

 

 先は分からないし誰にも操れない  それだけはみんな同じだって思うと  カバンの中身が少しだけ軽くなったような気がする

 

 毎日が旅立ちの日  いつだってその日から  何だって始められる  何処にだって行ける  何度でもやり直せる