© 2012 mayo DSCF8646

「仲間がほしくても、集団が嫌いだからどうしようもないね」
彼はため息をついて窓の外を眺めた。